滋賀県がん患者連絡協議会

滋賀県がん教育スピーカーバンク

滋賀県がん教育スピーカーバンク(以下「がん教育SB」)とは

文部科学省の『学校におけるがん教育の在り方について』の報告によると「がんに関する科学的根拠に基づいた知識などの専門的な内容を含むがん教育を進めるに当たっては、地域や学校の実情に応じて、学校医やがんの専門医等の外部講師の参加・協力を推進するなど、多様な指導方法の工夫を行うよう配慮する。また、がんを通して健康と命の大切さを考える教育を進めるに当たっては、がん経験者等の外部講師の参加・協力を推進する。」とあります。 学習指導要領での「がん教育SB」の実施が小学校、中学校、高等学校と順次始まり、「がん教育」の充実を図るため外部講師のニーズは高まるなか、「誰に頼めは良いのかわからない」という声もあり、県内で偏りのない派遣態勢を整えるために「がん教育SB」を設立しました。 「がん教育SB」では、がん教育を推進するために、学校側のニーズに合わせ打ち合わせをして、がん患者、がん経験者を講師として派遣します。子どもたちにがんの正しい知識やがん患者・経験者の声を伝えることが重要であり、県内のすべての子供たちが外部講師を活用したがん教育の機会を公平に持つことができるように「がん教育SB」がサポートします。

滋賀県がん教育スピーカーバンク事務局

滋賀県がん教育スピーカーバンク事務局では以下のような活動を行います。

    • ■ 講師希望者の募集・登録
    • ■ 県/市/町教育委員会・学校への働きかけ
    • ■ 外部講師派遣依頼に対する調整、打ち合わせ、派遣
    • ■ 滋賀県がん教育スピーカーバンクの運営や講師派遣に関わる費用(謝礼、交通費)などの会計作業
    • ■ がん教育内容の研修、教材、教案の作成
    • ■ 適切ながん教育を行うための、講師の指導、研修やフォローアップ研修による講義の質の向上

 

学校におけるがん教育のお手伝いをいたします。
    • お問い合わせ・お申込み:
      滋賀県がん教育スピーカーバンク事務局
      TEL:090-9698-3099(押井) 090-6201-1725(菊井)
      Mail:speakerbank@cancer-patients.shiga.jp